節約・節水

ダイナストリームの
節水効果は?

40%ダウン

おなじ時間シャワーを浴びた場合、ダイナストリームは一般的なシャワーとくらべて、どれくらい節水効果があるのでしょうか?
水道からの水圧の影響を受けないポンプにシャワーヘッドをつなぎ比較したところ

  • 一般的なシャワー   16.8ℓ/毎分
  • ダイナストリーム   9.6ℓ/毎分

ダイナストリームには、
約40%の節水効果がありました!

シャワーヘッドをつけずに放水した場合は20ℓ・毎分のポンプを使用

節水の経済効果は?

40%ダウン

節水することで、

  • 水道料金の節約  約10,800円/1年
  • ガス代の節約  約6,444円/1年

の節約が可能です。

約17,000円/1年のウレシイ
節約!

試算してみました

水道料金の節約

前提条件
  • ・シャワー使用時間を1回につき4分とし、4人家族とする
  • ・シャワー使用は2か月で40回とする
  • ・シャワーの呼び径は20mmとする
  • ・シャワー水量:
    <一般品>1分間に16.8ℓ吐出→
    <ダイナストリーム>1分間に9.6ℓ吐出(40%減量)
  • ・シャワー使用時(2か月の水量):

    <一般品>16.8ℓ/分×4分×4人×40回=10,752ℓ<ダイナストリーム>9.6ℓ/分×4分×4人×40回=6,144ℓ

節水量=10,752ℓ-6,144ℓ=4,608ℓ(4.608m³)/ 2か月

節約できた水道料金
  • 京都市:
    1,840円(基本料金)+10円(下水)=1,850円/2か月※京都市上下水道局HPの料金表より
  • 東京都23区:
    1,263円(基本料金)+604円(下水)=1,867円/2か月※東京水道局HPの料金表より

約1,800円÷2(=1か月料金)×12か月=10,800円 
つまり1年で約10,800円の節約

ガス料金の節約について

前提条件
  • ・給水温度20℃を使用温度40℃に上昇すると想定
  • ・1m³を1℃上昇させるために必要な熱量は11,000Kcalと想定
  • ・2か月で節水した水量4,608ℓ(4.608m³)/2か月/
  • 4.608m³×10³kcal×(40℃-20℃)11,000kcal/m³=およそ8.4m³(燃料消費量)/2か月
  • ・8.4m³×128円(東京ガス平成26年B表参照)=約1,075円/2か月

1,075円÷2(=1か月)×12か月=6,444円 
つまり1年で約6,444円の節約

水道・ガスの合計節約金額

10,800円(水道料金)+6,444円(ガス料金)=17,244円/年
約17,000円/年の
節約が期待できます!

  • 京都市地球温暖化防止対策、DO YOU KYOTO? クレジット制度へ、平成26年10月から11世帯が参加し、節水シャワー「ダイナストリーム」を使った、ガス使用量削減によるCO2排出量削減
  • 具体的に、既存シャワーヘッドを「ダイナストリーム」に取り替え、12ヵ月間都市ガス使用量省エネ効果を検証
  • 11世帯家族数、2名から6名様々な家族構成。都市ガス、前年度12ヵ月間使用量合計4,570m³に対し、本年度同時期の12ヵ月間合計3,991m³となり、前年度比579m³の節約に成功。
  • 最大圧縮額家族6人で95,000円/年。
  • シャワーヘッドを「ダイナストリーム」に取り替えるだけで、確実にガス使用量を節約できることをエコ協力チーム12世帯都市ガス使用量検針票で証明
メニュー